賀祥(がしょう)先生

賀祥(がしょう)先生 スケジュール
賀祥(がしょう)先生の鑑定スケジュール
()

10:00~27:00の待機予定となっております。

賀祥(がしょう)先生

占術:霊感 霊視 透視 四柱推命 浄霊 遠隔ヒーリング
待機日:全日
待機時間:午前10時~翌朝午前4時

苦しい思いで日々を過ごされている方、「どうして自分は・・」と
ご自身を責めてはいませんか?今の苦しい現実に至るまでは必ず原因があります。
今、あなたに起こっている全ての事柄は、あなたが過去に選択した
行動の積み重ねの結果なのです。もし、真の幸せを手に入れたいのであれば、
過去を理解し受け入れることから始めてみませんか?
自分を責めず、他人を責めず、現実と向き合うことが出来れば、おのずと運は開けてきます。

恋愛においては、運気の流れをしっかり掴むことが重要です。
出逢いがない、チャンスがないと嘆く方に限って、周りを見ていないことが多いのです。
しっかり見ていれば、運命の神様は必ず二人を引き合わせてくれます。
そして、相手の方との波動が1番合う時期を見極める事が出来れば、
驚くほど簡単に距離が縮まります。恋愛のチャンスは度々訪れますが、
それを逃していては、時間が無駄に過ぎてしまいますよ。

また、不倫や三角関係のような複雑な恋愛で、将来に希望を見出せない方も
少なくありません。しかし出合ったという事は、縁があったらです。縁というのは、
様々な形で人生に悪戯を仕掛けてきます。それに翻弄されないように未来をしっかり
見据え、運命の神様を味方に付けてみませんか?神からの祝福が訪れるよう、
そして貴女が真の幸福を手に入れる事ができるように、全力でお手伝いをさせて頂きます。
私とのご縁が、貴女にとって運命の道標となる事をお約束いたします。

長年の呪縛からの開放

 ご相談者 川村佐和子様  主婦  43歳 (仮名)
■相談内容

主人とは大学を出て程なく結婚、二人の子供も今では高校生と中学3年生です。
今日の相談は主人との離婚についてご相談です。

小さいながら会社を経営している主人ですが、最低限の生活費を入れて
くれるだけで、急な出費があっても一切援助をしてくれません。
「そんなのやり繰りするのはお前の仕事だろ」と聞く耳もたずです。

そのくせ自分好きな車を買ったり、仕事の付き合いだ、といっては
キャバクラへ遊びに行っているようです。
経済的に自立する自信がない私はこのままじっと我慢して過ごすべきなのでしょうか?
それとも思い切って離婚をした方がよいのでしょうか?
最近では顔を見るのもいやになり毎日気が滅入って体調もすぐれません。
先生、助けてください。

■賀祥(がしょう)先生からのアドバイス

ずいぶんと暴君なご主人のようですが、世の中にはこの手の男性はごまんといます。
この手の男性の性格として想像力が足りない人が多いのが特徴です。
俺様主義とでもいうのでしょうか、何でも自分が正しい、という考え方なので
相手がどう思うか、なんて一切考えられない思考回路になっているのです。

いわば裸の王様状態なんですね。強い相手や、地位、権力のある者に
対しては卑屈になったり及び腰になったりするのも特徴です。

では、本題にまいりましょう。ご主人を霊視すると、典型的な裸の王様タイプです。
得てしてこのような男性は突然の反撃にとても弱いものです。
特に今まで逆らわなかった者が急に反旗を翻した時の動揺は用意に想像できます。
ここは「離婚も覚悟していますから」という強い意思をもって交渉してください。
心配は無用です。私の見立てだと、ご主人はあっさりと折れるはずです。

■相談者様より

賀祥先生から具体的なアドバイスをもらい主人に離婚を切り出しました。
先生の読みどおり、最初は怒りでした。怒りは自分を否定され困惑している時の
二次感情だという事も聞いていたので冷静に対応出来ました。私は主人の目を
しっかりと見て「本気です!」というメッセージを無言で伝えました。

怒りが収まると、長い沈黙となりました。しびれを切らした主人が「じゃぁ、
どうすればいいんだ」と切り出し時、私は勝利を確信。

私は「独善的な支配にはもう耐えられません、協力的な生活ができないなら離婚します」と
キッパリ! すると主人は「子供のことはどうするんだ、お前一人じゃ生活だって
出来ないだろ」と、これも予想どおり。「そんなことは心配してもらわなくて結構です、
覚悟が出来てるからこうして話しているんです」と言うと部屋から出て行きました。

そして翌朝、「態度を改めるから離婚はしないでくれ」と主人。
それからはまるで別人のように変わって、こっちが驚いたくらいです。
こうして私は何十年も苦しんで耐えた生活から開放されました。

今もご主人からの言葉の暴力や経済的な奴隷になっている女性は多いと思います。
こうした方が一人でも救われれば、と思い体験談に応じました。

賀祥(がしょう)先生 スケジュール
()

10:00~27:00の待機予定となっております。

賀祥(がしょう)先生

占術霊感 霊視 透視 四柱推命 浄霊 遠隔ヒーリング
待機日全日
待機時間午前10時~翌朝午前4時

苦しい思いで日々を過ごされている方、「どうして自分は・・」と ご自身を責めてはいませんか?
今の苦しい現実に至るまでは必ず原因があります。
今、あなたに起こっている全ての事柄は、あなたが過去に選択した 行動の積み重ねの結果なのです。もし、真の幸せを手に入れたいのであれば、 過去を理解し受け入れることから始めてみませんか?
自分を責めず、他人を責めず、現実と向き合うことが出来れば、おのずと運は開けてきます。

恋愛においては、運気の流れをしっかり掴むことが重要です。
出逢いがない、チャンスがないと嘆く方に限って、周りを見ていないことが多いのです。
しっかり見ていれば、運命の神様は必ず二人を引き合わせてくれます。
そして、相手の方との波動が1番合う時期を見極める事が出来れば、 驚くほど簡単に距離が縮まります。
恋愛のチャンスは度々訪れますが、それを逃していては、時間が無駄に過ぎてしまいますよ。

また、不倫や三角関係のような複雑な恋愛で、将来に希望を見出せない方も 少なくありません。
しかし出合ったという事は、縁があったらです。縁というのは、 様々な形で人生に悪戯を仕掛けてきます。それに翻弄されないように未来をしっかり 見据え、運命の神様を味方に付けてみませんか?神からの祝福が訪れるよう、 そして貴女が真の幸福を手に入れる事ができるように、全力でお手伝いをさせて頂きます。
私とのご縁が、貴女にとって運命の道標となる事をお約束いたします。

長年の呪縛からの開放

ご相談者 川村佐和子様
主婦 43歳 (仮名)
■相談内容

主人とは大学を出て程なく結婚、二人の子供も今では高校生と中学3年生です。
今日の相談は主人との離婚についてご相談です。

小さいながら会社を経営している主人ですが、最低限の生活費を入れて くれるだけで、急な出費があっても一切援助をしてくれません。
「そんなのやり繰りするのはお前の仕事だろ」と聞く耳もたずです。

そのくせ自分好きな車を買ったり、仕事の付き合いだ、といっては キャバクラへ遊びに行っているようです。
経済的に自立する自信がない私はこのままじっと我慢して過ごすべきなのでしょうか?
それとも思い切って離婚をした方がよいのでしょうか?
最近では顔を見るのもいやになり毎日気が滅入って体調もすぐれません。
先生、助けてください。

■賀祥(がしょう)先生からのアドバイス

ずいぶんと暴君なご主人のようですが、世の中にはこの手の男性はごまんといます。
この手の男性の性格として想像力が足りない人が多いのが特徴です。
俺様主義とでもいうのでしょうか、何でも自分が正しい、という考え方なので 相手がどう思うか、なんて一切考えられない思考回路になっているのです。

いわば裸の王様状態なんですね。強い相手や、地位、権力のある者に 対しては卑屈になったり及び腰になったりするのも特徴です。

では、本題にまいりましょう。ご主人を霊視すると、典型的な裸の王様タイプです。
得てしてこのような男性は突然の反撃にとても弱いものです。
特に今まで逆らわなかった者が急に反旗を翻した時の動揺は用意に想像できます。
ここは「離婚も覚悟していますから」という強い意思をもって交渉してください。
心配は無用です。私の見立てだと、ご主人はあっさりと折れるはずです。

■相談者様より

賀祥先生から具体的なアドバイスをもらい主人に離婚を切り出しました。
先生の読みどおり、最初は怒りでした。怒りは自分を否定され困惑している時の 二次感情だという事も聞いていたので冷静に対応出来ました。私は主人の目を しっかりと見て「本気です!」というメッセージを無言で伝えました。

怒りが収まると、長い沈黙となりました。しびれを切らした主人が「じゃぁ、 どうすればいいんだ」と切り出し時、私は勝利を確信。

私は「独善的な支配にはもう耐えられません、協力的な生活ができないなら離婚します」と キッパリ! すると主人は「子供のことはどうするんだ、お前一人じゃ生活だって 出来ないだろ」と、これも予想どおり。「そんなことは心配してもらわなくて結構です、 覚悟が出来てるからこうして話しているんです」と言うと部屋から出て行きました。

そして翌朝、「態度を改めるから離婚はしないでくれ」と主人。
それからはまるで別人のように変わって、こっちが驚いたくらいです。
こうして私は何十年も苦しんで耐えた生活から開放されました。

今もご主人からの言葉の暴力や経済的な奴隷になっている女性は多いと思います。
こうした方が一人でも救われれば、と思い体験談に応じました。