楼蘭(ろうらん)先生

楼蘭(ろうらん)先生 スケジュール
楼蘭(ろうらん)先生の鑑定スケジュール
()

次回の鑑定は未定となっております。

楼蘭(ろうらん)先生

占術:霊視 透視 リーディング 宿曜術 占星術  数秘術
待機日:月・火・水・木・金・土 (日休)
待機時間:午前9時~午後6時 午後8時~午後11時

依頼者の魂と波長の同調を通して、四大元素の精霊と回路を合わせ自然や精霊の力を借り、
依頼者の“魂が欲する”より高次な願いに導きます。片思い、離別、対人関係、仕事運等々、
四つのエレメントの流れを感じとることにより、依頼者の困難の軽減や願望の達成へ導きます。
依頼者は不安を抱え、自信をなくした状態で相談にいらっしゃいます。先ず、閉ざされた魂を開き
依頼者本人の素晴らしい資質と意識を一体させることにより“気づき”を与えます。
そして四大元素の精霊に感謝と祈りを捧げ瞑想します。水、風、土、火、どのスピリッツが
依頼者にとって有効か判断します。透視は風の精霊を使います。
又、時には依頼者にとって一体化となる植物や花々を使います。場合によっては様々な色を
スピリチュラルカラーとしてイメージさせたりして、日常の視覚の中に用います。
実例を挙げますと、あるアーティストのプロモーターが私と回路を合わせたことにより、
一年間で飛躍的な発展をとげたり、別れた異性との復活、受験の合格など
様々な願望達成報告は占い師として嬉しいかぎりです。
人間を含め植物も鉱物も宇宙と一体であることを意識し
高次な理想を持って依頼主の願いに応える占いを致します。

楼蘭(ろうらん)先生メッセージ

「自分の可能性を見出せない」 「何をやってもうまく行かない」 「容姿に自信がない」
「異性にもてない」 これらの悩みは全て自分自身の思い込みの他ありません。
特に真面目な人ほど、このような“間違った思い込み”が人生を暗いものにしているよう です。
占い師は魔法使いではありませんが、過去、現在、未来を読み解くことで
貴女の進むべき道をお教えすることが出来ます。
1人で悩んで迷宮に入ってしまう前にまずはご相談ください。

「頑張らなくていいのよ」その一言に救われました

ご相談者 岡本幸恵様 27歳 OL (仮名)
■相談内容

おなじ職場のTさん。独身で仕事もできるし、なんといってもかっこいいんです。 今年から同じ部署に配属され、何とか彼に認められたい、近づきたいと思って 仕事も頑張っているけど、避けられているような気がします。 同僚の間でも人気の彼、最近の私は興味のないフリをしているのですがやっぱり気になって仕方ありません。仕事と彼への思いがストレスになって最近では体調を崩し気味です。私には彼との縁はないのでしょうか?

■先生からのアドバイス

鑑定に入る前に恋愛に於いて、相性とはどういうものか考えてみましょう。 まずは会話が弾むとか、趣味か共通している、或いは相手の容姿が好みか否かもありますが最も、大事な要素は「縁」だと思います。縁とは不思議なもので、時にイタズラや奇跡を起こす 実に不思議なものです。では鑑定という事で、まずは彼の心の中をちょっとのぞいてみましょう。彼はKさんのいうとおり、モテル男性のようですね。プライドも高く、自分自身がどういう風に見られているのか、とても気にする人です。こういった男性はスキを見せることを極端に嫌います。ご本人も気がついてないようでしたが、実はKさんも同じタイプです、同じ波長を持っているもの同士は離反します。私からのアドバイスは彼の前で仕事を頑張るのは逆効果です、肩の力を抜いて接すればKさん本来の魅力が伝わるはずです。 人は、見えない時空の中を一個の集団として人生の旅を致します。KさんにはKさんと同じ旅する旅団がいます。そしてKさんの位置する空間での旅団は、見えない(観念的)空間の中では「東」となります。彼は「南」です。自然界の中で南東の風は新風を取り入れ緑豊かな草原へと誘ってくれます。お2人の「縁」は深い緑色をしています、気追わず、自然体で接すれば 穏やかな風が吹くでしょう

■相談者様より

あれからしばらくして会社で飲み会があったんです。いつもならそのまま解散になるのですが みんなでカラオケに行くことになったんです。初めて隣の席に座って内心ドキドキ!でも先生の アドバイスどうり、気負わずリラックスを心がけたら話がすごく盛り上がりました。 彼の趣味が私と同じサッカー観戦だと聞いて意気投合!! 別れ際に彼から「正直以前は話づらい感じだったけど最近何だか変ったよね。 こんど僕のお気に入りのスポーツバーがあるんだけど行かない?」とお誘いが。 帰り道、ひとり思わずガッツポーズをしてしまいました。(笑) 肩に力が入っていたことがウソのようです、今は自然体で話せるようになり、彼との距離も 一気に縮まり、仕事にも自信がつきました。本当にありがとうございました!

楼蘭(ろうらん)先生 スケジュール
()

10:00~27:00の待機予定となっております。

楼蘭(ろうらん)先生

占術霊視 透視 リーディング 宿曜術 占星術  数秘術
待機日月・火・水・木・金・土 (日休)
待機時間午前9時~午後6時 午後8時~午後11時

依頼者の魂と波長の同調を通して、四大元素の精霊と回路を合わせ自然や精霊の力を借り、
依頼者の“魂が欲する”より高次な願いに導きます。片思い、離別、対人関係、仕事運等々、
四つのエレメントの流れを感じとることにより、依頼者の困難の軽減や願望の達成へ導きます。
依頼者は不安を抱え、自信をなくした状態で相談にいらっしゃいます。先ず、閉ざされた魂を開き
依頼者本人の素晴らしい資質と意識を一体させることにより“気づき”を与えます。
そして四大元素の精霊に感謝と祈りを捧げ瞑想します。水、風、土、火、どのスピリッツが
依頼者にとって有効か判断します。透視は風の精霊を使います。
又、時には依頼者にとって一体化となる植物や花々を使います。場合によっては様々な色を
スピリチュラルカラーとしてイメージさせたりして、日常の視覚の中に用います。
実例を挙げますと、あるアーティストのプロモーターが私と回路を合わせたことにより、
一年間で飛躍的な発展をとげたり、別れた異性との復活、受験の合格など
様々な願望達成報告は占い師として嬉しいかぎりです。
人間を含め植物も鉱物も宇宙と一体であることを意識し
高次な理想を持って依頼主の願いに応える占いを致します。

楼蘭(ろうらん)先生メッセージ

「自分の可能性を見出せない」 「何をやってもうまく行かない」 「容姿に自信がない」
「異性にもてない」 これらの悩みは全て自分自身の思い込みの他ありません。
特に真面目な人ほど、このような“間違った思い込み”が人生を暗いものにしているよう です。
占い師は魔法使いではありませんが、過去、現在、未来を読み解くことで
貴女の進むべき道をお教えすることが出来ます。
1人で悩んで迷宮に入ってしまう前にまずはご相談ください。

「頑張らなくていいのよ」その一言に救われました

ご相談者 岡本幸恵様 27歳 OL (仮名)
■相談内容

おなじ職場のTさん。独身で仕事もできるし、なんといってもかっこいいんです。 今年から同じ部署に配属され、何とか彼に認められたい、近づきたいと思って 仕事も頑張っているけど、避けられているような気がします。 同僚の間でも人気の彼、最近の私は興味のないフリをしているのですがやっぱり気になって仕方ありません。仕事と彼への思いがストレスになって最近では体調を崩し気味です。私には彼との縁はないのでしょうか?

■先生からのアドバイス

鑑定に入る前に恋愛に於いて、相性とはどういうものか考えてみましょう。 まずは会話が弾むとか、趣味か共通している、或いは相手の容姿が好みか否かもありますが最も、大事な要素は「縁」だと思います。縁とは不思議なもので、時にイタズラや奇跡を起こす 実に不思議なものです。では鑑定という事で、まずは彼の心の中をちょっとのぞいてみましょう。彼はKさんのいうとおり、モテル男性のようですね。プライドも高く、自分自身がどういう風に見られているのか、とても気にする人です。こういった男性はスキを見せることを極端に嫌います。ご本人も気がついてないようでしたが、実はKさんも同じタイプです、同じ波長を持っているもの同士は離反します。私からのアドバイスは彼の前で仕事を頑張るのは逆効果です、肩の力を抜いて接すればKさん本来の魅力が伝わるはずです。 人は、見えない時空の中を一個の集団として人生の旅を致します。KさんにはKさんと同じ旅する旅団がいます。そしてKさんの位置する空間での旅団は、見えない(観念的)空間の中では「東」となります。彼は「南」です。自然界の中で南東の風は新風を取り入れ緑豊かな草原へと誘ってくれます。お2人の「縁」は深い緑色をしています、気追わず、自然体で接すれば 穏やかな風が吹くでしょう

■相談者様より

あれからしばらくして会社で飲み会があったんです。いつもならそのまま解散になるのですが みんなでカラオケに行くことになったんです。初めて隣の席に座って内心ドキドキ!でも先生の アドバイスどうり、気負わずリラックスを心がけたら話がすごく盛り上がりました。 彼の趣味が私と同じサッカー観戦だと聞いて意気投合!! 別れ際に彼から「正直以前は話づらい感じだったけど最近何だか変ったよね。 こんど僕のお気に入りのスポーツバーがあるんだけど行かない?」とお誘いが。 帰り道、ひとり思わずガッツポーズをしてしまいました。(笑) 肩に力が入っていたことがウソのようです、今は自然体で話せるようになり、彼との距離も 一気に縮まり、仕事にも自信がつきました。本当にありがとうございました!